化学物質は広い意味では、自然界に存在するすべてのものを指します。たとえば水や砂糖も化学物質と呼ぶことができます。しかし化学物質管理というカテゴリーにおいては、とりわけ人体に有害な化合物を指すことが多いです。有害なものを見極めて、危険が及ぼさないようにすることが含まれます。

たとえばお酒に含まれているエタノールを子供が飲んだり、触れたりするとアレルギー反応がおこることがあります。酔ったような反応がでることもあるので注意が必要です。化学物質管理ではどの物質が危険かを見極めて、注意を促すことが求められます。最近は化学物質に過敏に反応するアレルギーが報告されています。

ハウスシックと呼ばれるものもその一つです。家を建築するときに使用する、糊や塗料に反応して呼吸困難に陥ることさえあります。人によってはかゆみが出たり、くしゃみが出たりします。化学物質は生活に欠かせないものではありますが、人体に害が及ばないようすることが大事です。

化学物質管理では安全に物質が使えるように見守ります。どんな物質も適切な量と適切な方法で使用することが必要です。そのためには正しい知識と判断力は欠かせません。間違った方法で使用するなら、本来なら毒性がないものであっても害を及ぼすこともあります。

それは人体に水分が必要ですが、水分の過剰摂取は危険なことです。場合によっては水中毒になりかねません。当然ながら水の適切な量をわざわざ計量カップではかっている人はいないはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *