治験はこれから世の中に出る可能性がある薬の安全性を確認する、最終段階の試験です。治験の参加には様々な条件があり、年齢やBMIなどの体型、病気の有無によって変わってきます。また、どのような治験でも共通して定められているのが、休薬期間です。臨床試験への参加では試験中の薬が投与されることになりますが、他の薬に影響を与えて結果が変わることがないよう、身体から完全に薬剤が抜けてからでないと次の試験に参加することはできないのです。

検査をする病院が違っていても治験募集サイトごとに情報が管理されており、他のサイトと情報共有もされているため、いつ試験に参加したかはすぐに確認することができます。治験に参加すると拘束されていた時間に応じて負担軽減費を受け取ることができます。休薬期間は拘束時間の長さに関係なく設定されることになるので、できるだけ多くの負担軽減費を受け取りたい場合は、そのとき開かれている臨床試験の中でも一番長いものを選ぶと良いです。ただし期間の長い臨床試験は肉体的、精神的にも負担が大きく、その間の自由は制限されることになります。

自由に外出したり好きな時間に飲食をすることもできません。また、血液検査も頻繁に行うので、注射に抵抗がある人はきつく感じることもあるでしょう。初めての参加から長期間の臨床試験を選ぶのではなく、最後まで試験を全うすることができるように短期間のもので経験を積んでからにしたほうが良いです。治験のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *