化学物質は人間社会にとって有益なものもあれば、環境にとってリスクがあるものも存在します。このリスクを安全に管理するために製造や輸入を制限したり、使用や保管方法を適正化したりするのが化学物質管理です。ポリ塩化ビフェニルやヘキサクロロベンゼンなどは化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律、鉛及びその化合物や有機スズ化合物などは、特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律によって細かく管理されています。化学物質の開発や製造や運搬、使用や廃棄やリサイクルなどは事業者による自主的な化学物質管理に任せていますが、何万種とある化学物質をひとつひとつ特性に合わせながら管理するには、大変な手間もかかりコストも安価ではありません。

そこで数万種の化学物質を一元に管理できる、化学物質管理システムツールなどが利用されています。これは将来規制が懸念される物質も早期に把握でき、規制物質が追加された際の開発中止による無駄なコストをおさえたり、対象物質を除外した商品設計や開発ができるツールです。REACH規則など化学物質の規制に厳しい欧州の法規制にも対応したシステムもあり、経済産業省などから発表されるごとに社内データベースを更新していた作業が簡素化できるようになりました。現在REACH規則は欧州のみですが、国内でもこの基準に準じようとする企業も多く、化学物質の自主的な削減に化学物質管理システムツールはとても役立っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *