化学物質管理を担当するビジネスマンが知っておかなければいけないのは、化学物質管理に関連した法律です。特に重要なのは化審法という法律です。これは「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」というのが正式な名称の法律で、この法律によって化学物質管理に一定の基準が定められています。法律が制定された目的は、有害な化学物質によって人間の健康が害されることを防止することです。

人間以外の他の動物や植物に影響を与えるような化学物質についても厳しく規制されています。法律が制定されたことによって、自然環境に化学物質が悪い影響を与えることを抑制できるようになりました。環境の改善に役立てられている有意義な法律です。この法律では化学物質の管理をおこなうために、いくつかの具体的な制度を規定しています。

新規の化学物質に対する事前の審査も管理のために制定されている制度です。法律では新しく製造される化学物質に対して、事前に審査を受けなければいけない規定が定められています。製造以外に、外国から新たな化学物質を輸入する場合にも審査を受ける必要があります。こうした制度が存在することにより、日本国内における化学物質の管理が適正におこなえるようになっています。

製造されたり輸入された化学物質の継続的な管理に関する規定も定められていて、製造した量や輸入した量を把握して届出をする必要もあります。有害な物質の情報に関する報告も管理者に求められていることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *