医療データーベースは個人情報の保護とあわせて様々な医療機関でデータ共有することにより、副作用のトラブルを避け、性質や状態、傾向などを分析するためのツールとして活用することの研究が進んでいます。個人情報だけでなく、地方自治体レベルで医療機関がどれくらいの数があるのか、専門科はどのエリアに点在しているのか、患者数はどれくらいかなどを調べることで地域的な傾向を知り、不足している医療サービスが浮き彫りになることが期待されています。介護施設や動物病院などもあわせてデーターベース化することにより、健康、介護、福祉、医療サービス全てについて情報を網羅することができるようになり、薬剤管理指導、持参薬管理、情報管理などのサポートを行うことができるようになります。医業経営に関するデーターベースでは平均値を一般公開することで診療報酬などの情報分析に利用することができます。

病床機能報告などの情報も公開されることになり、多岐にわたるデータを分析、研究しやすく整理統合させることができるので便利なツールとして活用されています。匿名化して情報を蓄積することで特定検診などのデータを研究目的で利用することができるようになります。医者と看護師のデーターベースを使えば、どの専門医がどこにいるかをすぐに探すことができます。機器、器具、消耗品、サービス、システムなどの製品情報もデーターベース化されることで使いやすくオーダーしやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *