新しい薬が世に出ることによって今まで治らなかった病気が治るとすればそれは非常に素晴らしいことですが、それを実現するには研究開発に大変な手間がかかります。医学や薬学の専門家が長期間にわたって試行錯誤を重ね、いくつものプロセスを経たうえで初めて製品化することとなります。専門家ならざる一般の人々はそうしたプロセスを黙って見守るほかはありませんが、ただ、実は一般人でもそうした新薬の開発に貢献できる分野があります。治験と呼ばれる臨床試験がそれで、年齢や性別、持病の有無といった一定の条件に該当すれば、誰でも参加できるチャンスがあります。

治験とは動物実験やコンピュータシミュレーションなどのさまざまな開発プロセスの最終段階に行われるもので、世に出る前の薬を実際にヒトに投与してみて、効果や安全性を調べます。得られたデータは国が医薬品としての承認を行うかどうかの判断材料となるため、非常に重要な試験であると言えます。治験は現在その病気に悩んでいる患者や、まったく健康な一般人などを被験者として実施されます。対象者はかかりつけ医からの勧誘や、新聞やウェブの募集広告などを通じて集められます。

趣旨の説明や参加意思の確認、健康診断などの手続きを経た後、参加者には薬が投与され、その後にあらわれる体調の変化が観察・記録されます。実施方法は一定期間病院に入院して投与を受けるやり方と、定期的に通院して受け取った薬を自ら用いつつ、各種の検査を受けるというやり方の2通りがあります。治験のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *