化学物質には効果的な機能があるので、工場だけでなく家庭でも活用されています。その中には人や動物またオゾン層をはじめ環境にとって有害なものもあります。有害物質を安全なものへ転換したり、人や動物、環境が有害物質にさらされる暴露量を抑えることによって被害を受けるリスクを下げなければなりません。暴露量を減少させる化学物質管理をしていくためには、各物質の有害性と暴露量における科学的なリスク評価をし、その結果に基づいて、適切に管理しましょう。

製造及び輸入の制限や使用また保管の適正化、それから環境への排出を抑えたり、有害性に関連するデータを伝達したりすることが化学物質管理です。どんなものかよくわかっていない化学物質も多くあります。その影響を未然に防いで、さらにわかってないことによる過剰な規制も防がなければなりません。世界各国が協力して、有害性やリスクに関するデータを収集していく必要があります。

化学物質管理として、輸出時の有害性の試験などあります。化学物質の貿易また国際的な産業活動が問題なく行われるようにするための試験です。フロンや化学的な兵器の原料となる化学物質管理も必要でしょう。世界各国が力を合わせて、特にリスクが高いかもしれない物質の有害性に関する科学的なデータを取らなければならないということです。

その物質の正確なリスクに合わせた、合理的な管理対応も欠かせません。最適な設備対応などをしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *