化学物質は豊に生活する上で不可欠だからこそ管理しなければいけません。化学物質管理を怠ったことが原因で事故が起きた時、周辺住民の健康また生態系に対する影響は少なくありません。化学物質の関連法規を遵守すること、そして工場などにおける独自基準による製品開発から使用や廃棄までの各段階の安全管理などは、化学物質管理の1つです。その製品に用いる化学物質の種類と量を、開発段階で正しく選定するといった行為も化学物質管理です。

性能の追求だけではなく安全性にも配慮しなければなりません。今後いっそう化学物質管理が重要になってくるでしょう。化管法またVOC規制に基づいて、適正な届出及び化学物質の排出量管理を、きちんと継続しなければいけません。PRTRと呼ばれるものの対象になる物質の排出量は、同レベルで推移しています。

ですが、2019年は2トンと前年より大きく減少しました。適切な化学物質管理ゆえでしょう。化学物質の原料や中間製品を輸送する際、万が一の事故に備え運送者また輸送品に対して、イエローカードや容器を用意します。イエローカードを適切に添付して、緊急時の処置法などを提供することも大切です。

輸送している間に化学物質の漏洩事故が起きた場合に備えて、物質の性質や緊急処置法を記した黄色の緊急連絡カードを用意する必要もあります。カードは運送を行う人が常に携行するものです。容器については腐食しにくいものを撰んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *