医学や薬学の専門家でなくても、臨床試験という言葉は何かの機会に耳にすることがあります。臨床試験とは、薬品等をヒトに対して使ってみることで、その効果や安全性などを検証するプロセスのことをいいます。医薬品の研究開発時には必ず行われますが、その他にも農薬や食品添加物などを製品化するに際してもしばしば行われます。臨床試験の実施は、その薬が世に出回るためには欠かすことができません。

臨床試験を経ずに製品化してしまうと、一般の人々が使用した時にどんなリスクがあるか分かりません。国が医薬品等を承認する場合も、臨床試験の結果は重要な判定材料となっています。ただ、臨床試験はヒトに対して行う試験ですから、被験者に対しても当然ながらリスク管理を行う必要があります。そのため、研究開発の段階においては臨床試験以外の試験プロセスも設けられています。

これを、非臨床試験といいます。非臨床試験は、言葉の通り臨床試験以外の試験全般のことをいいます。通常は、実際にヒトに対して用いても問題ないかどうかを検証するために行われるので、臨床試験の前に行われます。ただし、時には臨床試験の結果を再検討するために事後に行われることもあります。

非臨床試験の方法にはさまざまな種類があります。一般的には試験管やシャーレなどの中で培養された細胞を使って反応などを調べた後、実験動物を対象とした試験を経てヒトを対象にした試験へ向かうという道筋をたどります。近年では、コンピュータシミュレーションも多く用いられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *