薬物の非臨床の治験は薬力学と薬物動態学やADME、および毒性試験を受ける可能性があります。研究者はこれらのデータを基にして薬剤の安全な開始用量を、ヒトでの臨床試験のためにアロメトリーで推定することができます。またこれらの追加治験を受けない薬物が添付されていない医療機器の場合は、優良試験所規範試験に装置とその構成要素の安全性を確認するために直接進む場合があります。生体適合性の治験を医療機器の中には実施されることがあります。

これは生体モデルで機器の構成要素または構成要素すべてが、持続可能かどうかを示すのに役立ちます。米国食品医薬品局などの規制当局に提出するために、殆どの非臨床試験はICHガイドラインのGLPを遵守することが絶対条件です。invitroとinvivoの両方が通常は実施されます。どの臓器がその薬物の標的となるかや、長期的な発がん性や毒性の影響の有無が薬物毒性の研究には含まれます。

安全なヒトによる試験を開始するために、これらの試験で収集された情報は不可欠になります。医薬品開発研究では通常の動物実験には2つの種が使用され、最も一般的に使用されるモデルはマウスとイヌとなり霊長類やブタも使用されています。倫理的な理由とコスト的な理由の両方のため、研究開発型の製薬業界での動物実験は近年は減少傾向にあります。しかし殆どの研究では多様な製品開発に必要な解剖学的と生理学的な類似性の必要性から、動物を用いた非臨床の実験が行われることに変わりはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *