化学物質は、普段の生活でも多く使用されています。例えばインテリアの多くにプラスチック製のものが使用されていたり、カーペットや衣類などには化学繊維が使われていることがあったりと逆に化学物質無しで生活できることが困難なほど生活に浸透している状態です。一方で製品には通常使用していないはずの化学物質を使用してしまっているニュースなどがたびたび出ますが、化学物質管理が不十分なことが要因です。最近だと水分を取り除いてくれる珪藻土マットにアスベストが含まれていたり、水虫の薬に睡眠導入剤が誤って入っていたりと化学物質管理のずさんな状況が私たちの生活にも影響を及ぼします。

化学物質管理は、その物質の性質ごとに管理が必要になります。一般的なものには化学物質のリスク評価が挙げられます。これは利用する物ごとに人体にどのような害があるのか、どの程度の量であれば害が出るのかなどを細かく定めた基準表になります。製品を製造するために利用するものごとに、保管の方法や管理方法などが決まっていてこれを適切に行う必要がります。

国内で製造される製品については一定のチェック体制が入っていますが、海外から輸入されるものについては国ごとに評価基準が異なるため安全性という点ではややリスクがあります。自分たちの生活に役立つもののため、利用をしないということは難しいものの適切な管理をすることでリスクを低減することができるものがこのリスク評価なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *