日本語教師の養成講座とは

日本語教師の養成講座とは民間の日本語教師を目指す人の為のコースで、420時間かけて必要な知識を学ぶことが出来ます。

ちなみに日本語教師とは外国人に日本語や日本文化を教えたり、日本での生活をサポートする役割を担っています。


国際化が進み現在日本在住で日本語を学ぶ外国人は24万人です。


そんな人たちに対して日本語を教える人材も求められていますし、日本国内だけではなく現在130ヵ国で日本語教師は活躍しています。


ちなみに養成講座の学習方法は通学と通信コースが用意されていて、通学の場合はスクールにより多少異なりますが平日3時間、週5日で半年かけて学ぶというのが一般的と言えます。通学のコースの場合は一緒に学ぶ同期がいて、実際に日本語教育の現場を見ることが出来ます。


またかかる費用の相場は通学の方が高めで入学金と授業料で50万円ほど必要です。

日本語教師の養成講座情報ならこちらのサイトです。

それに対して養成講座の通信コースは、300時間のweb講座と120時間の実習スクリーニングを受けることになります。


どれくらいの期間をかけて学ぶかは本人次第ということになるので自分のペースで学ぶことが出来るのが魅力です。
ただ続ける為には強い意思が必要と言えるでしょう。



スクリーニングは授業の見学、交流活動、フリートーキングを通じて実際に日本語教育の現場がどんな状況か、日本語教師になる為には何が必要か将来のイメージを膨らませながら学べます。



通信コースの場合の費用は40万円程が相場で通学コースより10万円程安価になります。